FC2ブログ

記事一覧

映画「世界から希望が消えたなら」を観て、日本に救世主が現れている予言を思い出した

 

  令和の年になって、にわかに世界は、目まぐるしく激動し始めている。米中貿易戦争のエスカレート、香港の自由化デモ、イランの核合意廃棄とサウジへの石油施設攻撃などの中東情勢、イギリスのEU離脱と、さらに混迷を深めている。

 今後も、予想外のことが、様々に起きてくるであろう。

 しかしどんな混乱になろうとも、救世主が日本に生まれていて、人類を希望の未来へと導いてくれていることを忘れてはならない。

救世主が日本に生まれていることの根拠としてジーン・ディクソン、ポール・ソロモン、エドガー・ケイシーの救世主予言を紹介する。

 ジーン・ディクソンの予言

dixonjeane[1]

 ケネディ大統領の暗殺を予言して的中させた女性予言者ジーン・ディクソンは、「世界の変革があるとすれば、まず日本に何らかの変化が起こり、それが世界に波及するだろう。こうして世界の人々は、日本人を畏敬するようになる。東洋の神秘思想は、壮大なスケールを持って全世界に波及して席巻し、キリスト教世界に非常に大きな変化を与えるだろう」と、大変なことを予言していた。

そして「1981年頃『日本に現れた光』が、やがて世界中に広まり、人類を破滅から救う源となるであろう」と言うことも予言した。

さらに「ヨーロッパと世界を救う『真のキリスト』は、2036年に、その力を発揮して、人類は本当の文明を築いていくであろう」と、その著作『栄光への招待』で予言しているのである。

この「『日本に現れた光』とか、『真のキリスト』とは、いったい誰のことを示しているのであろうか?」非常に気になる処である。

 ポール・ソロモンの予言

     201804131350218ca[1]

   またエドガー・ケイシーの流れを引く眠れる預言者ポール・ソロモンは、「近い将来、日本から世界を統治する偉大な指導者が現れて、『愛の法則』と『すべては一つ』と言う教えを説いて、現在対立している宗教間の争いを鎮め、世界の人々に真理を気付かせることになるだろう」と予言しているのである。これも気になる「救世主予言」であろう。

 エドガー・ケイシーの予言

      Edgar_Cayce_1[1]

エドガー・ケイシーは、日本のことは直接述べてはいないが、

「神が去ってしまうかのように見えた時に、『主なる神』がやってくる」とか、

「この時代は『神の栄光』が、雲間より現れた時代と呼ばれるであろう」とか、

「この『1998年のメシア到来の時』に、またも主が到来されたことが分かるだろう」とか、

「あの別にされておかれた地に『主が到来』されるだろう」などと、「主の到来」と言う表現で、やはり「救世主予言」をしていた。

「あの別にされておかれた地」とは、ジーン・ディクソンやポール・ソロモンの救世主予言を考えると、おそらくは「日本」のことであろう。

これらの「救世主出現の予言」について、まず日本人たちが驚かなくてはならないだろう。

なぜなら人類を救う救世主が、他ならぬ日本の国から出てくる予言であるからだ。

映画『世界から希望が消えたなら。』は、主人公が医師から死を宣告されたが、「自分は(救世主の)使命があるから、死なない」と信じて復活を遂げるストーリーである。

すなわち「世界の希望」とは、人類の危機を救う「救世主」のことである。

しかし、こうした「救世主の予言」は、あくまで予言であり、それが成就したかどうか検証されなくてはならない。

それは多くの人たちが、その成した実績を客観的に評価することによって『救世主』であると認められることである。

30数年後に「救世主である」と評価されるのは、「幸福の科学グループ」の総帥である大川隆法総裁において他はないだろう。

なぜならば何もないところから戦後、日本最大の宗教団体である「幸福の科学グループ」を創りあげて、それが世界に広がっているからである。

その発足時から、つぶさに見てきた筆者にとっては、大川隆法総裁こそ、現代に日本に現れた「真の救世主」であると断言できるのである。完

スポンサーサイト



コメント

コロナ騒ぎで日本発のアビガンで世界が救われ、大阪の首長が強力なリーダーシップを発揮する中、救世主とは一体、、、
とワクワクしながら読んでたのに、
何だよそのオチ^^;;;;;;

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

安田一悟

Author:安田一悟
FC2ブログへようこそ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
296位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
79位
アクセスランキングを見る>>

来場者数