FC2ブログ

記事一覧

文在寅大統領の、「南北朝鮮の経済協力で、一気に日本に追いつくことができる」という非現実的野望と、その正体

このところ、韓国の文大統領の発言が、常軌を逸しているものがある。

 その最たるものが、8月5日、韓国の文大統領が、「南北の経済協力で、平和経済ができれば、一気に日本に追いつくことができる」と、仰天発言をしたことだ。

 何を根拠に、そのような非現実的発言ができるのか、韓国のメディアでさえ、疑問を投げかけているのである。

 翌6日に、北朝鮮が、米韓合同軍事演習をけん制する短距離ミサイルを2発発射した。

 それを踏まえて、韓国の中央日報は、「北朝鮮の相次ぐミサイル挑発の中、突然な平和経済メッセージには説得力がない」と伝えた。

 また朝鮮日報は、「技術も、資本も、市場もない世界最悪の貧困国家の北朝鮮に、低賃金の労働力の利用以外に何ができるのか?そんな国と経済協力をして、世界最高の技術大国日本に、一気に追いつくとは、どんな魔法か?」と皮肉った。

そして「大統領が、国民を心配するのではなく、国民が、大統領の言動で不安になる国は、どこに行くのか?そんな国が危機を切り抜けられるか?」と辛らつに批判した。

まったく、その通りであろう。文大統領の発言は、非現実的過ぎるというか、もはや妄想であり、韓国の経済危機を乗り切れる政策とはなっていない。

しかし当の文大統領は、いたって大真面目である。まず来年4月の総選挙で、与党が圧勝して、南北統一に向けた憲法改正をして、足掛かりを作る。

そのために、ことさらに反日を煽って、保守勢力を巻き込んで、「左翼ファシズム」の挙国一致体制を作りあげて、南北統一を実現するという戦略である。

これが文大統領の考えているシナリオであろう。20181114-058578145[1]

しかし、ことは、そう簡単に運べるものではない。北朝鮮の金委員長から、南北統一に向けての色よい返事もなく、それどころか現在、韓国経済が、ガタガタになって、逆回転し始めている。

とくに8月になってからは、韓国株の下げ幅が大きくなっている。

8月5日、韓国の総合株価指数(コスピ)と、新興企業向け市場(コスダック)が、4営業日続落して、終値は、前週末と比べ2・55パーセント安の1946・98と、2015年1月8日以来の安値となった。

これで韓国の証券市場の時価総額が、50兆ウォン(約4兆3574億円)も蒸発してしまったというのだ。

翌6日、前日に続いて、株式市場が、またもや下落した。年金基金などの政府機関が、1兆ウォン以上買い支えた末に、やっと1917・50ウォンで、取引を終えた。

外国人たちの間では、「もう日本は、韓国を経済的に助けない」という観測が広がっていて、連日、韓国株を売っているので、1900ウォンのライン死守が困難となっている。

またドルとウォンの為替レートが、1ドル=1200ウォン台を超えてしまったので、外国人にとって、韓国内の証券市場に投資する魅力が、著しく減退しているのである。

このまま外資の逃避が続けば、年金基金の投入だけでは株価指数の下落を止めることは難しい。

利下げでウォン安になれば、輸出の競争力が高まるのであるが、外資が、韓国市場から、どんどん逃げ出し始めているのである。

米中貿易戦争や日韓貿易戦争によって、投資家の心理が、韓国市場の先行きの不安感に、パニック状態に陥っているという。

このままでは、株価とウォンが、暴落して、韓国経済の崩壊は、近いということになる。

さすれば、反日を煽り、現実を無視する文大統領の南北朝鮮の統一の夢は、幻となっていくだろう。

驚くことなかれ、文大統領は、大川隆法総裁の守護霊霊言によると、イタリアのファシスト、ムッソリーニの生まれ変わりだという。

そうであるならば、行政・司法・メディアを支配し、独裁体制を強化して、韓国を亡国に導くリーダーであるところに、納得するものがある。完

 

スポンサーサイト



コメント

No title

お腹がくちくなったら、眠り薬にどうぞ。
歴史探偵の気分になれるウェブ小説を知ってますか。 グーグルやスマホで「北円堂の秘密」とネット検索するとヒットし、小一時間で読めます。北円堂は古都奈良・興福寺の八角円堂です。 その1からラストまで無料です。夢殿と同じ八角形の北円堂を知らない人が多いですね。順に読めば歴史の扉が開き感動に包まれます。重複、 既読ならご免なさい。お仕事のリフレッシュや脳トレにも最適です。物語が観光地に絡むと興味が倍増します。平城京遷都を主導した聖武天皇の外祖父が登場します。古代の政治家の小説です。気が向いたらお読み下さいませ。(奈良のはじまりの歴史は面白いです。日本史の要ですね。)

読み通すには一頑張りが必要かも。
読めば日本史の盲点に気付くでしょう。
ネット小説も面白いです。

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

安田一悟

Author:安田一悟
FC2ブログへようこそ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
296位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
79位
アクセスランキングを見る>>

来場者数