FC2ブログ

記事一覧

「不適切な事案が発生した」とは何か?ズバリ斬りこむ

 7月1日、経産省が発表した「大韓民国に関連する輸出管理をめぐり、不適切な事案が発生したこと」とは、いったい何を意味するのか?

 それは韓国が、国連が決めた対北朝鮮制裁を破っていることを指すのではないだろうか?

 それが安全保障上の問題であるとするならば、北朝鮮の核開発に関することであると、想像がつく。

 7月3日、世耕経産相は「特に兵器などに転用される可能性がある技術を輸出する際には、しっかりとした管理を常に行うことが求められている。そういう意味では、普段見直しの努力を行うのは、国際社会の一員として当然だ」と強調した。f1ab006e[1]

 この「兵器に転用される可能性がある技術」とは何のことなのか?

 それはズバリ核開発のことであろう。

 純度の高いフッ化水素は、ウラン濃縮の工程でも使われる物質である。

 日本政府は、「フッ化水素が、最終需要者に届いているのか、第3者に渡っていないか、民生用に使われているかを綿密に管理する」と表明した。

このフッ化水素が、韓国を通じて、北朝鮮に横流しされたという証拠を、日本政府がつかんでいるので、「守秘義務」にしているのではないだろうか?

 もしそうであれば、韓国は、北朝鮮の核開発を幇助したことになる。

 これが事実であれば、石油の瀬取りやレーダー照射問題などとは安全保障上の次元の違う、ブッ飛ぶような話である。

 韓国に対する輸出管理強化の第2弾が、「外為法輸出貿易管理令で定める『ホワイト国』から除外することになっている。

韓国が「信頼できる国」を意味する「ホワイト国」から除外されれば、大量破壊兵器と通常兵器の開発と製造に使われる物質や技術を、日本政府が審査するのは、当然の責務である。

 それでも韓国が、不公正貿易で、WTOに訴えれば、かえって韓国が、モノや金を北朝鮮に送って、核開発まで幇助していたことがバレて、藪蛇となってしまうだろう。

 いくら韓国が報復措置を取り、不買運動などをしても、この時点で、文在寅政権は、もう終わっているのである。

 そのことを韓国の国民は、深刻に受け止めなければならないだろう。完

 


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

安田一悟

Author:安田一悟
FC2ブログへようこそ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
296位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
79位
アクセスランキングを見る>>

来場者数