FC2ブログ

記事一覧

速報、新元号は「令和」(れいわ)に決定、出典は「万葉集」から

  新元号「令和」(れいわ)は、「万葉集」梅の花32首の序文にある

≪時に初春の令月(れいげつ)にして、気淑(よ)く、風和(やわら)ぎ、梅は鏡前(きょうぜん)の粉(こ)を被(ひら)き、蘭ははい後の香を薫らす≫の「令月風和」に由来している。

 「厳しい冬の寒さの後に、春を告げて咲く梅の花のように、一人一人の日本人が、明日への希望と、それぞれの花を咲かせることができるように。そうした日本でありたいという思いを込めて『令和』に決定した」そうである。

 「万葉集」は、1200余年前に編纂された日本最古の歌集であるとともに、天皇、貴族だけでなく農民や国を守る防人まで、幅広い人々の詠んだ歌集である。

 大川隆法総裁のライフ・リーディングによると、その「万葉集」の編纂者の代表的な一人が、奇しくも安倍晋三総理の過去世である「大伴家持」であるという。

 そもそも「令和」の出典となった「万葉集」は、万葉仮名で書かれているので、歌そのものではなく、天平2(730)年に、大宰府の長官であった大伴旅人が、私邸で開いた「梅花の宴」で詠まれた32首の歌の漢文で書かれた序文から採られている。その大伴旅人は、家持の父親である。

      20190401at19S_t[1] 


 「月、風、花」は、日本の伝統文化の象徴であるし、「令和」とは、「平和にならなくてはならない」という国民へのメッセージを込めたものであり、「日本文化を大切にしながら、国際世界にで立ち向かっていく」という意味にも取れるのである。

 選定にあたって「何らかの意思が語らいたのではないか」と思えるほどである。

 ともあれ日本の「万葉集」から「令和」の新元号が選ばれたことは、大いに意義があり、日本人として喜ばしいことである。

 日本の新時代に相応しい元号であると思う。

 これからは一般化して、事務用句としては長く使われることは間違いないであろう。

 それにしても今夜は「花冷え」である。

(お陰様で、筆者のブログも、めでたくもアクセス数11000を超えることができました。読者の方、有り難うございました)完

 


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

安田一悟

Author:安田一悟
FC2ブログへようこそ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
296位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
79位
アクセスランキングを見る>>

来場者数