FC2ブログ

記事一覧

聖地・川島ミステリー通信11  春の桜が咲く「聖地エル・カンターレ生誕館」へ、どうぞ、お待ちしております

聖地エル・カンターレ生誕館のある上桜の地の桜が満開のシーズンを迎えた。
グランドオープン2周年を迎えた「聖地エル・カンターレ生誕館」
昇る太陽と荘厳な聖地エル・カンターレ生誕館の雄姿。「聖地エル・カンターレ生誕館は、素晴らしい」
左側下から見た聖地エル・カンターレ生誕館、77段の信仰の階段を登る。
   DSC_0042.jpg 
右側の階段下から見た聖地エル・カンターレ生誕館、エル・カンターレ信仰への階段である。
   DSC_0037.jpg 
聖地エル・カンターレ生誕館の正面階段から太陽の光がまぶしい。光の羽が映っている。
   DSC_0035.jpg 
聖地エル・カンターレ生誕館の左の背後から、まばゆい太陽の光が乱舞している。
    DSC_0032.jpg
聖地エル・カンターレ生誕館は、まさに信仰の白亜の殿堂である。
聖地エルカンターレ生誕館真正面上。ロード・エル・カンターレとORマークが書かれている。
画像11
 右際から見た聖地エル・カンターレ生誕館、壮大な神殿で、左手に四国山脈が見える。
生誕館左
左側から見た聖地エル・カンターレ生誕館、スカイブルーの空に生える見事なギリシャ風の神殿である。
聖地エル・カンターレ生誕館、右側の入り口 
生誕館正面
 聖地エル・カンターレ生誕館の正面の扉、青銅の扉ではありませんが、信仰の扉であります。
ドアの取っ手の上は、エル・カンターレの生誕を象徴した金の羽である。
11539629_1041929135830853_6234054487945599868_n[1]
「なぜ、主エル・カンターレは、川島の地を選ばれて、ご生誕されたのか?それが最大のミステリーである」
ここは魂の再生と人生の再出発の修行場である。
チェリー・ロードに桜の咲く、絶好のシーズンとなりました。「聖地エル・カンターレ生誕館」への巡礼・参拝をお待ちしております。
スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

安田一悟

Author:安田一悟
FC2ブログへようこそ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
296位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
79位
アクセスランキングを見る>>

来場者数