FC2ブログ

記事一覧

『さらば平成』いよいよ4月1日に発表される新元号は、何か?

  5月1日に、新天皇が即位されて「御代替わり」となる。

 新天皇は、現在の徳仁(のりひと)親王殿下(59歳)である。

 新天皇が即位されるということは、暦がガラリと変わることである。

 そこで日本の国民の多くは「新元号が、何に変わるのか?」ということに注目している。

 現在いくつかの元号の候補が上がっていて、識者による絞り込みが始まっている。

 噂では、安、永、和、光、久、成、栄、吉、建、弘、文の1文字が入る元号の可能性が高いと言われている。

 中でも「安」は、人気投票では断トツの1位である。

 皇族につながる評論家の竹田恒泰氏は、「安延、安化、安久、永明、永光、建安、建和、弘栄、弘徳、文弘、文承の2文字の元号に決まるかる率は8割である」という。

 さらに安永、安明、安成、安栄、永安、永和、永明、和平などの候補が続く。

 これらの年号は過去に採用が見送られた元号のストックされたものである。

 面白いのはタイム・マシンで現代に現れた「未来人原田」と名乗る人物が、「安始」であると言い切る。

「果たして未来人というのは、存在するのであろうか?そしてその予言は当たるのであろうか?」

全くの荒唐無稽ではなく、その確率は十分にあると思う。

「平成」の時代が、7年に、阪神淡路大震災や、23年に、東日本大震災などの大型の天変地異が多発したので、「安」が元号の候補として挙がっているのかもしれない。

ちなみに新天皇に即位される徳仁親王殿下は、大川隆法総裁のライフ・リーディングによると、過去世は、第81代「安徳天皇」であられるという。

だから「安」とか「徳」という文字が新元号の候補として出てくるのは偶然ではないかもしれない。

今年は、世界史的に見ても、揺らぐ中国経済をはじめ、米中覇権時代の激動期だと言われている。

まもなく「平成」が終わり、新たな時代に突入する。

新元号が何に変わるにせよ、日本が、その時代の激浪を乗り越えて、世界に貢献するような発展を遂げて、人々の幸が多からん時代が迎えられることを祈るばかりである。完


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

安田一悟

Author:安田一悟
FC2ブログへようこそ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
296位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
79位
アクセスランキングを見る>>

来場者数