FC2ブログ

記事一覧

「あなたは、天才アーティスト米津玄師(よねづけんし)を知っているか?」

  今年、ドラマ「アンナチュラル」の主題歌「Lemon」などで、大ブレークした米津玄師が、NHK紅白歌合戦に、出身地・徳島から生中継でテレビ初出演することになった。

 1度は断ったもの、玄師を可愛がってくれた祖父が生きていた徳島で、「Lemon」を歌うことの意味を感じたので、出演を応諾したのだと言う。    6639f_1375_797ec59c_e44bbbfd-cm[1]米津玄師 

米津玄師の出演は、今年の紅白の目玉で、サプライズ出場となった。

「Lemon」は、「あなたが、いなくなって悲しい」と言う気持ちを吐露した歌で、大切な人との死別を歌ったものである。

「彼女が死んだのではないか?」といううわさが流れたが、調べてみると、昨年12月に亡くなった祖父のことであった。よっぽど玄師を愛してくれたのだろう。

来年1月19日から3月11日まで、アスティ徳島の公演を皮切りに「米津玄師2019TOUR脊椎がオパールになる頃」アリーナ・ツアーを開始するという。

「米津玄師にとって徳島は、どういうところなのか?」

玄師は、「18年間育った故郷で、ライブができることって感慨深い」

「徳島に帰ってきたことは、自分の人生において、結構大きなトピックスになるんじゃないかな」

「帰省とは、何かを取り返しに行くこと」と、地元に凱旋ライブをすることの熱い思いを語っている。

筆者も名前は知っていたが、曲は知らなかった。聞いてみると、ポップ・ソングで、これまでに聞いたことも、見たこともない自分の内面を表現する曲で、米津玄師は、宇宙人かと思われるようなパフォーマンスのある天才的総合アーティストに見えた。

人々は、そのような米津玄師の持つ独特の音楽世界観に引き込まれてしまうのであろう。

                   21c805b2306df39a5e3a2997bfb65e9a[1]

ラジオで、玄師は、「自分の音楽は、内面のみっともないことも、さらけ出すように自由でありたい」と語っているので、今時のチャライ若者ではなく、しっかりとした軸を持っているミュージシャンと感じさせるものがあった。

それに人生において、なろうとしても、玄師のようなスターになれなかった若者への哀惜の気持ちも、持っていることに大人の共感を覚えるのである。

彼の話を聞いていると、感性だけでなく、しっかりとした考えを持っていて、音楽だけでなく、別の分野、例えば文筆でも一流になれる要素がある。

久々に徳島からビッグなアーティストが出てきたものだ。完


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

安田一悟

Author:安田一悟
FC2ブログへようこそ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
296位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
79位
アクセスランキングを見る>>

来場者数