FC2ブログ

記事一覧

「ファウェイ・ショック」世界中で重要情報が盗まれていたという中国のスパイ行為がバレた

アメリカ発のファウェイ排除で、世界中が揺れている。

  e7804_103_e9ada549733143c6067d2c23067894a8[1]

 ファウェイは、民間企業を装いながら、実は中共国家と一体となってサイバースパイ戦争を行っている巨大通信企業であったことが判明した。

 中国が海外に展開する「一帯一路構想」のデジタルシルクロード・システム部門を請け負った通信インフラ企業であった。

 つまりファウェイは、中国による世界統治システムの野望を適える中核プレイヤーだったのである。

 12月12日、アメリカの上院司法委員会で、中国の諜報活動に関する公聴会が開かれた。

そこには驚くべき情報と実態がもたらされた。

まずグラスリー委員長が「アメリカ司法省は、過去7年間で摘発した産業スパイ事件の9割に中国が関与していた。中国当局が産業スパイを通じて、様々な分野においてアメリカを追い抜き世界の超大国になろうと狙っている」と報告した。習近平[1]

 司法省国家安全保障部門のデマーズ司法次官補は、「アメリカ企業を狙った中国の産業スパイ行為が日に日に増加している。中国当局は、強奪で超大国になろうとしている」と批判している。

 FBIの防諜部門のプリースタップ次官は、「アメリカの防諜活動において、中国当局は最大の脅威である。アメリカの研究機関を対象とする中国産業スパイの通報が数千件に及んでいる。どれも深刻なものだ。実態は、我々の予想を超えている。アメリカ政府機関、大学と他の研究機関と連携して中国の産業スパイを撲滅しようとしている」とリアルに述べた。

 国土安全保障省のサイバーセキュリティ局のクレブス局長によると「中国当局のスパイ行為の大半は、国防関連の下請け企業や情報技術を持つ通信会社に集中している。これらの企業の製品とサービスが、世界各国政府と主要企業に提供されるためだ」と明かしている。

 アメリカのシンクタンクFDDが、9月に発表した報告書には「中国のサイバースパイ活動によるアメリカ企業の損害は、年間3000億ドル(約33兆円)に上っている」とした。

 これらの中国による産業スパイ活動は、アメリカ政府にとって、もはや看過できないものであろう。

 米中貿易戦争の根底には、中国によって仕掛けられたサイバースパイ戦争がある。

 アメリカは、世界の覇権をかけて、本気になって中国を潰していくようである。完

 


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

安田一悟

Author:安田一悟
FC2ブログへようこそ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
326位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
92位
アクセスランキングを見る>>

来場者数