FC2ブログ

記事一覧

アメリカ中間選挙、トランプ大統領が戦略的に勝ちを収めたのは、上院と州知事選挙であった。

 世界が注目したアメリカの中間選挙は、ほぼマス・メディアの予想通りの結果だった。上院は共和党が勝利し、下院は民主党が勝利した。州知事は共和党の方が勝利した。

 アメリカの上院と下院は権限が違う。上院は最高裁判事や閣僚や大使などの人事と外交や安全保障や自由貿易協定の承認の権限を有する。

下院は予算や法律の審議やトランプ大統領の弾劾裁判の訴追が過半数でできるが、上院の3分の2の賛成がなければ成立しない。

州知事は、10年ごとに行われる選挙区の区割りを決める権限を有する。いわゆる特定政党や候補者にとって有利な区割りを設定できるのである。

その知事選ではフロリダ、テキサス、オハイオ、テネシー、インディアナ、ジョージア、ノースダコダなど28州で共和党が勝利した。

とりわけ2年後の大票田となるフロリダやテキサスで勝利を収めたことは、トランプ大統領の再選にとって大きいことだ。

下院は、民主党224、共和党201で、民主党が過半数を奪還したことでマス・メディアに大きく取り上げられている。

しかしトランプ大統領の戦略は、上院の過半数の確保と、州知事選の重視だった。0028804389[1]

狙い通りの勝利を収めたことで、トランプ大統領は「今夜は、素晴らしい成功だった。みんなありがとう」とツイッターした。

この中間選挙の結果を好感してニューヨーク市場の株価は、2万6180ドルに急騰した。中間選挙前は世界同時株安だったのが、約1カ月ぶりに2万6000ドルに回復したのである。

それにしても今回の中間選挙は、まるで大統領選のように熱かった。若い人や女性が支持する民主党のブルーウェーブを、トランプ大統領の共和党が、かろうじて押し返したというかたちとなった。

アメリカの民主主義は、バランスが働いていて健全だと感じた。どこかの人権弾圧をする社会主義の独裁国家とは違う質の高い政治的エネルギーを感じたものである。

やはりアメリカのように自由と民主主義と宗教を守リ、繁栄することは正しいことである。

そのことを証明するようなアメリカ中間選挙であった。完

 


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

安田一悟

Author:安田一悟
FC2ブログへようこそ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
296位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
79位
アクセスランキングを見る>>

来場者数