FC2ブログ

記事一覧

アメリカ中間選挙、トランプ大統領「共和党なら素晴らしい繁栄が続く」

 2年前のアメリカ大統領選挙で、大方のマス・メディアの予想を、完全に裏切ってトランプ氏が当選した。

そのトランプ大統領の2年間に、アメリカは大きく様変わりした。2017年12月の大型減税政策によって、アメリカ経済は力強く甦ってきた。失業率は約50年ぶりに低水準となり、給与所得も上がった。何よりもアメリカ国民が自信を持ち始めたことは大きい。

まさにトランプ氏が掲げた「偉大なるアメリカを再び」が実現されたかたちとなっている。筆者は、トランプ大統領を「アメリカン・ヒーロー」の登場としてとらえているのである。

人間として欠点もあり、不完全ではあるが、タフで、実行力があり、悪の国に対しては、滅法強いヒーローである。

             img_ef70da7d8b8674d6bd3f43e2a6f105f067922[1]

現在は米中貿易戦争と言う名の、事実上は米中覇権戦争に突入している。

中間選挙と言うのは、上院35議席、下院435議席が改選されることである。下院はアメリカ予算を議決することができるので、より重要である。

これまで大統領を擁する政党が、なぜか中間選挙に敗北すると言うことで、共和党と民主党のバランスが保たれてきたのである。

しかしトランプ大統領が、その権力を発揮してアメリカを強くしていくためには、下院でも過半数218議席を得なければならない。

そのためにトランプ大統領は、過去にないほどの回数で中間選挙の共和党支持者への遊説を行ってきたのである。

対する民主党は、何と過去の大統領であるオバマ前大統領を引き出して遊説している異例さである。時間を過去に戻そうというのであろうか?オバマ氏の演説は相変わらず抽象的な言い回しで支持が広がっていない。

「リアル・クリア・ポリティックス」と言う選挙調査会社では、下院は民主党が203議席、共和党が196議席で有力、残り36議席がカギとなるそうである。

これまで民主党が有利の展開であったが、共和党が最後の局面での巻き返しを図っていて、最終まで予断を許さない情勢である。

ここで考慮しなければならないのは、トランプ大統領当選の時に、マス・メディアのほとんどが読み違えたように「隠れトランプ共和党支持者」の存在である。

誰に投票したか知られたくない人は、共和党支持者の方が、民主党支持者に比べて、11パーセントも多いことである。このことを勘案すれば、共和党の逆転勝利は十分に考えられることである。 432374835900384353[1]

筆者は共和党が勝利するのではないかと予測している。否、共和党に勝ってもらって、米中覇権戦争でも完全勝利してもらいたいのである。

トランプ大統領は「共和党に投票すれば、素晴らしい繁栄が続く。民主党に投票すれば、経済が急速に崩壊する」と、単純明快に言い切っているのである。(選挙結果は、上院が共和党の勝利で、下院は民主党の勝利に終わった)完

 

 


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

安田一悟

Author:安田一悟
FC2ブログへようこそ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
296位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
79位
アクセスランキングを見る>>

来場者数