FC2ブログ

記事一覧

明治国家を守った軍人シリーズ③「天気晴朗ナレドモ波高シ」 秋山真之A

 陸軍の騎兵隊に入った兄・秋山好古が、郷里の松山から真之を東京に呼び寄せて、大学予備門に入らせたのは15歳の時であった。

 真之は、大学予備門で勉強を続けたが、19歳になって将来の進路に思い悩んで兄に相談してみた。

 この時、兄・好古は、自身の人生観についてのみ語った。「軍人として、いざ戦いの場合に、敵国に勝つことが職分だ。だから、いかにして勝つかを考える。その一点に集約させたものが自分の人生であり、それ以外のものは余事である」という。

 余談であるが、秋山好古は、フランスに留学して、フランス流の騎兵術を学んで帰国した。好古の使命は、ロシアのコザック騎兵隊に打ち勝つことであった。

 当時世界最強と言われた「コザック騎兵隊と正面きっての闘いでは、日本騎兵隊の勝ち目はない」と見た好古は、発想を変えてコザック騎兵隊と遭遇したならば、下馬して機関銃などで応戦した。

 これまでの騎兵隊の常識を覆した秋山騎兵戦法には、さしものコザック騎兵隊もかなわなかった。

  また好古は、騎兵隊の特徴を生かして敵の偵察・情報収集・後方かく乱などを行ってロシアの総司令官クロパトキンを大いに悩ませている。

 この兄の簡潔な言葉によって、真之は、考えることがあり、海軍兵学校に入ることを決めたのである。

 真之は、1890年(明治23年)に海軍兵学校を首席で卒業して海軍に勤務する。

 1897年(明治30年)にアメリカ駐在武官として、留学した真之は、世界的海軍戦術家であったマハン提督に師事した。

  マハン大佐から「戦略戦術とは、他人から教わるものでなく、海戦や陸戦を含めた古今の実戦を詳しく調べて、その要領をつかんでオリジナルの戦略戦術を編み出すことである」と、教えられた。

 真之の狂気に近い読書は、ここから始まった。海軍大学校の図書館や海軍文庫に通って片っ端から英文の軍事書を読んでいった。そして膨大な軍事書から実戦に役に立つ戦術だけを抽出して、後は捨て去るという学習方法を取った。

  また海図に将棋の駒のように軍艦の模型を配置して行う兵棋演習によって、実践の疑似体験を積む方法があることも知った。

 1900年(明治33年)に帰国した後も真之は、日本の古来からの合戦や瀬戸内水軍の戦術なども貪欲に研究して、使えそうなものを身につけていった。

 日露戦争の直接的な原因は、ロシア帝国の南下政策であり、シベリア鉄道の全線開通が、1904年(明治37年)の9月であり、それまでに対ロシア戦をしなければ、武器や資源などに劣る日本軍の勝ち目はないというのが、日露戦争に踏み切った理由であった。

 シベリア鉄道開通の半年前の1904年(明治37年)2月9日に、日露戦争が開戦となって、真之は、連合艦隊司令長官東郷平八郎の下で、作戦担当の参謀となって、第一艦隊の旗艦三笠に乗船した。

 参謀長の島村速雄が「作戦は、天才が立てるもの」という通り、バルチック艦隊との海戦作戦の立案を任されたのは、先見性と洞察力を持った秋山真之だった。

                  ef64df2b[1]秋山真之 

 この時、真之は、島村参謀長から「参謀の心得」を教わる。それは「参謀の仕事とは、いかにして司令部と現場の指揮官との意思統一を図るか」というものであった。若いエリート幕僚が陥りやすい驕りを指摘したものであった。

 島村は、真之の軍事才能が鋭利であればあるほどに、その運用に細心の注意が必要であると思ったのである。

 真之も、兄・好古同様に、島村に強い影響を受けたのである。

 真之が海戦戦術に関して、味方が砲撃される機会を極力減らして、相手を砲撃する時間を増やすというテーマとして、村上水軍の兵法書「野島流海賊古法」からヒントを得て、まず叩き台としたのが、山屋他人中佐の「半円戦法」だった。これは一列に進んでくる敵艦に対して、右へ半円を描いて展開する戦法である。

 真之は、この「半円戦法」を改良して、「東郷ターン」と言われる「丁字戦法」を考え出した。

 しかし敵前回頭の「東郷ターン」を用いる場合は、味方の先頭艦が、一列になった敵艦から集中砲火を浴びることになる。それを通り越してしまえば、横一列に展開した味方の艦から、敵の旗艦に砲火を集中できる「丁字戦法」である。

 この「東郷ターン」は、ある意味では肉を切らせて骨を切る、そう薩摩の東郷示現流の戦法の海戦応用であった。続く

 

 


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

安田一悟

Author:安田一悟
FC2ブログへようこそ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
296位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
79位
アクセスランキングを見る>>

来場者数