FC2ブログ

記事一覧

聖地・川島ミステリー通信21「ようこそ、映画『さらば青春、されど青春。』のロケ地、川島へ」されどレビューを読んで

  映画に関する、いろいろなレビューや辛辣な批判もあるけれど、この映画は、やはりただの映画ではない。ただのエンタメでもない。本当に伝えたいメッセージが隠されている映画である。それをつかむか、つかまないかは各自の自由であろう。

 6046c5146c7d51274ede5e7e8986edcd[1]

ちょうど「アベンジャーズ・インフィニティー」と言うハリウッドのヒーロー映画が上映されていたが、「さらば青春、されど青春。」は、それとは一線を画する静かで、しかし確実なヒーロー映画であろう。

なぜならば、これこそは現代の地球文明の危機を救うヒントになる映画であるからだ。

おりしも現在進行形のかたちで、「北朝鮮の非核化が行われるか、どうかの米朝会談が中止か?あるいは再開されるか?」の駆け引きの攻防がなされている。北朝鮮のバックには経済的、軍事的に超大国になった脅威の中国が控えているのである。

「ヒーロー役であるトランプ大統領が率いるアメリカと、金正恩の北朝鮮をかばおうとするヒール役である習近平国家主席が率いる中国の、どちらが地球の覇権を握るのか?」と言う米中の激突が本格化しているところである。

そのような人類の危機の時期に、日本に救世主が現れてきたというのであるから、これは大いなる希望であろう。それも「信じるか?信じないか?」に命運がかかっているのである。

さらば青春されど青春2-640x427[1]

そういうことなので、映画を批判することも結構であるが、せめて、ご自身が、どれだけの実績を持って、ある程度、客観的にも認められるようなものを持って批判していただければ、傾聴に値するものとなるだろう。

もし、そうでなければ、批判の全品を返品となるだろう。こちらも、批判を受け取る、受け取らないは自由であるからだ。

だが世の中、批判することで物事が確定されるほど、そんなに甘くはない。むしろ手強かったというのが、著者の青春時代の教訓でもある。

虚心坦懐に映画を見て、救世主の出現を認めることができれば、素晴らしいことである。完

 

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

安田一悟

Author:安田一悟
FC2ブログへようこそ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
296位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
79位
アクセスランキングを見る>>

来場者数