FC2ブログ

記事一覧

トランプ・安倍首脳会談で、安倍内閣の支持率回復か?

  安倍総理は、4月17日から訪米して、フロリダ州パームビーチにあるトランプ大統領の別荘マール・ア・ラーゴで、2日間にわたって、お馴染みのゴルフをしながら首脳会談をする。この別荘に泊まるのは、昨年の2月に次いで2度目であり、トランプ大統領としては、最高待遇である。

  152396908081_20180417[1]

 トランプ大統領との日米首脳会談は、これで6回目である。安倍総理は「じっくりとひざを交えて話をしたい。信頼関係を一層強固なものとする機会にしたい」と語った。

しかしこの会談に至るまでの安倍総理は、3月3日の朝日新聞による財務省決裁文書改ざん問題報道以降、自衛隊の日誌発見と加計問題の首相案件メモの発見などで、国会で野党に責められて、かなり苦しいところまで追い込まれていた。

4月14日・15日に、JX通信社が行った世論調査では、安倍内閣の支持率は33・5%という危険水域まで落ち込んだ。

だが、この1カ月半の間に世界の情勢は、目まぐるしく動いていた。突然の北朝鮮の金正恩の訪中、南北朝鮮会談や米朝首脳会談の決定、米中貿易戦争の勃発、シリアへのミサイル攻撃などが起きていた。

          1ダウンロード-tile-horz-360x230[1]

やっと日米首脳会談にこぎつけたことは、安倍総理にとっては、政治家としての運が尽きていなかったことである。トランプ大統領は、これまでの安倍総理との友情から、きっと助け舟を出すことであろう。

特に日本にとって米朝首脳会談で、北朝鮮の非核化問題が話し合われ、その中で拉致問題が進展すれば、窮地に陥った安倍内閣の支持率は再浮上することだろう。

atk702-jpp023284085[1]

そのために3月30日に安倍総理は、拉致被害者家族と面会した際に「何よりも大切な拉致問題が置いて行かれることになっては決してならない」と、トランプ大統領に要請する考えを強調している。(18日のニュースでは、日米首脳会談で、トランプ大統領が、「拉致問題を取り上げることになる。今こそ対話の時であり、問題を解決するときだと思う。首相にとって、とても重要な点であることを理解している」という言質を取ったようだ)

もちろん、その他にもアメリカの関税問題やアメリカのTPP復帰問題やインド洋・太平洋の安全保障問題も、突っ込んつだ話し合いが行われることであろう。

   gll1711060644001-p1[1]

その首脳会談の腹を割った話し合いの成果が、安倍総理の政治生命を、さらに長くすることにつながることだろう。

かくしてアメリカと日本は同盟国として、ともに手を携えて、これからも困難な国際社会の問題を片付けていくことになるであろう。今のところ首脳会談に関する情報は、これだけである。

「朝日新聞をはじめとするサヨク・マスメディアの皆さん、そして野党の皆さん、さらには石破さん、これまで、ご苦労様でした」完

 

 

スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

安田一悟

Author:安田一悟
FC2ブログへようこそ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
326位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
92位
アクセスランキングを見る>>

来場者数