FC2ブログ

記事一覧

マレーシア首相マハティールの対中国重視から対日本重視への大転換[ニュー・ルックイースト]

  5月9日、マレーシアの選挙で、マハティールの率いる野党連合が過半数を獲得して勝利した。「これは予想しなかったことだ。我々は選挙に負けると思った」と、92歳になって首相に返り咲いたマハティールは興奮気味に語った。  すぐさま選挙公約である消費税を廃止した。さらに前ナジブ政権が負の遺産として残した28兆円以上に膨らんだ債務削減の財務再建にも取り組んだ。 「もし前ナジブ政権が続いていたら、マ...

続きを読む

カペラホテルでの、北朝鮮の国家存続を賭けた「米朝首脳」によるポーカー・ゲーム② ライブ

 6月12日、午前10時4分、米朝両首脳が、カペラホテルの会議室の前で握手。両首脳とも、幾分か硬い表情である。トランプ大統領は、勝負ネクタイの赤。  トランプ大統領「お会いできてうれしい」  金委員長「ここまで簡単な道のりではなかった。我々には足を引っ張る過去があり、誤った偏見と慣行が時に目と耳をふさいできたが、あらゆることを乗り越えて、この場にたどり着いた」  トランプ大統領「その通り...

続きを読む

カペラホテルでの、北朝鮮の国家存続を賭けた「米朝首脳」のポーカー・ゲーム

 6月12日、シンガポールの南端のセントーサ島のカペラホテルで、初の「米朝首脳会談」が行われることに、世界中の注目が集まっている。 何と約3000人のジャーナリストたちがシンガポールに集結しているという。   1度は会談の中止がトランプ大統領から出されたが、数日で、ひっくり返って予定通りにやることが決まった「米朝首脳会談」である。  それはペンス副大統領が、某テレビ番組で「北朝鮮は、トランプ氏...

続きを読む

終身皇帝に即位した中国の習近平主席は、「はたして世界の救世主なのであろうか?」とんでもない

 「終身独裁皇帝・習近平を産んだ2018年は、歴史の転換点になるだろう」とブログで、大きく書いた。       すでに、その兆候は、昨年10月の中国共産党大会で顕著に現れてきて、今年になって国内の習近平国家主席の「神格化」の動きが、ますますエスカレートしてきていた。       2018年1月25日の人民日報は、1面トップで、1年前の習近平主席のダボス会議とジ...

続きを読む

日本が、チャイナ・モンスターに打ち勝つには?

  ベトナムのハノイで、アメリカのトランプ大統領によって中止を宣言された北朝鮮の非核化のための経済制裁は、苦しいらしい。  「北朝鮮の金正恩は、経済制裁においても、体制の保障についても、相当追い込まれているのではないか?」と専門筋では推測されている。 だが日本にとって本当の脅威は、そこにあるのではない。それは北朝鮮のバックにいる中国の超軍拡の脅威である。忘れてはならないのは昨年の10月の第19回...

続きを読む

プロフィール

安田一悟

Author:安田一悟
FC2ブログへようこそ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
296位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
79位
アクセスランキングを見る>>

来場者数