FC2ブログ

記事一覧

プレアデスから、地球へ愛のメッセージ

 七夕の夜、ヒコは、夢の中でプレアデス星人オリヒメに出会って、様々な宇宙の情報を聞かされる。オリ 「あなたがたは、今、宇宙の扉がオープンする時代に生きているのです。ですから、あなたたち『テラ』の人々が、この宇宙の神秘を解明しようと鋭意努力していかないかぎり、わたしたちも無闇に助けることはできないのです。なぜならば前にも申し上げましたように、高度な文明をもつ『エイリアンたち』の銀河系ネットワークの最...

続きを読む

アトランティス大陸は、なぜ沈んだのか?

 もし現代文明が滅びるとしたならば、それは地球規模の多発的な核戦争か?想像を絶するような巨大な天変地異によってであろう。「もしかしたら、同じようなことがアトランティスの時代も起こったのであろうか?」そのことを考えても考えてもアトランティス大陸消滅の謎は深まるばかりである。      かつてアトランティス大陸とムー大陸が存在していたとする地図 しかしこれだけ科学技術が発展してくると、現代人は、どうし...

続きを読む

「古代シュメール文明」は、どこから来たのか?

 「古代シュメール文明」というのは、今から約5000年前にメソポタミア南部の地域に、何の先触れの文明もなく、まるで天から降ってきたかの如く突如花開いた文明なのです。   このイラク南部の地に、高度な都市群やジッグラトなどの高層建築や神殿の数々、また潅漑農業による大麦や小麦の栽培と収穫、パンやビールなどの発酵食料や飲料、そして冶金や車輪などの技術、それらの基礎となる60進法の数学や楔型文字、さらには...

続きを読む

チャーチワードが語る、太平洋に沈んだ「ムー帝国の謎」

 わたしチャーチワードは、これまで「ムー文明」のことについて、いろいろと語ってまいりましたが、過去の「ムー文明」について語ることは、それほど難しいことではないと思うのです。 つまり言い方をかえるならば、わたしは、ただ「ムー帝国の実在」を証明したかっただけではないのです。ムーの文明の痕跡については、わたしでは、なくても、いつか、誰かが発見することでありましょう。          &nb...

続きを読む

古代のナスカの地上絵と、現代のミステリー・サークルは、つながりがあった。(大胆な仮説を展開する)

 ペルーにあるナスカの地上絵は、100以上の図柄と18個の昆虫や動物の絵が描かれている。それは礫岩を取り除いた白い砂の30センチから60センチの幅の線で描いたものである。一体どのような目的で、そのようなものを描いたのであろうか?大きな謎である。この謎を大胆な推理で解明してみたい。 この「ナスカの砂漠台地」に描かれている幾何学的な絵模様は、けして地上からは全体像は見ることはできず、上空からのみ識別で...

続きを読む

プロフィール

安田一悟

Author:安田一悟
FC2ブログへようこそ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
296位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
79位
アクセスランキングを見る>>

来場者数