FC2ブログ

記事一覧

日本は2度と「日中友好」の幻想に騙されてはならない。

 中国が、昨年の秋頃から、これまでの反日の外交態度を豹変させて、親しく日本に接近してきた。きっかけは11月11日にベトナムのダナンで安倍総理と習近平主席が会ってからである。 それまで幾度となく素っ気ない仏頂面をしていた習氏が、今回は安倍氏に対して笑顔だったのである。周りは習氏の態度の変わりようにみんな驚いた。安倍総理が一番驚いたに違いない。これはひとえに行き詰まり感が出てきた「一帯一路」に日本を誘い...

続きを読む

北戴河会議以降、中国はどのように変わっていくか?

 米中貿易戦争勃発以来、3月末から上海株価が下落して8月中旬には約20パーセントも下げている。また人民元も対ドルで10パーセント近く急落した。 これに対してニューヨーク株式市場のダウ工業株は5パーセント前後に上昇している。 これらの数字を見ても明らかに中国は、対米貿易戦争に勝ち目がなく、アメリカに無謀な戦いを挑んでいるとしか言いようがない。 このままの状態が2カ月以上続けば、中国経済は壊滅的な状態...

続きを読む

畏るべしトランプ大統領、米中軍事戦争のための大型予算を確保する

 「アメリカ国防権限法案」が議会で可決した。これには中国条項が含まれている。これを受けてトランプ大統領は8月13日に、ニューヨーク州のフォート・ドラム基地(第10山岳師団)で署名式を行い、同法案は成立した。    「アメリカ軍の再建」を掲げるトランプ大統領の意向を踏まえて軍事予算は、2018年よりも170億ドル多い、約7170億ドル(約79兆円)という巨額の予算となった。  中...

続きを読む

聖地・川島ミステリー通信23「ようこそ聖地エル・カンターレ生誕館の川島町へ」。やってきました今年も「阿波踊り」が。

  今年も暑い上に熱い「阿波踊り」の季節がやって来た。「えらいやっちゃ、えらいやっちゃ、よいよいよいよい、踊る阿呆にみる阿呆、同じ阿呆なら踊らにゃそんそん」と唄われる「よしこの」リズムと「ヤットサー、ヤットサー」という掛け声で4日間踊りまくる真夏の風物詩だ。  「阿波踊り」の起源は、江戸時代初期に徳島城下で踊られた盆踊りが、民衆芸能の影響を受けながら、庶民パワーによって現在につながったと言わ...

続きを読む

「くまのプーさん」は、「ライオン・トランプ」に勝てるだろうか?

  「くまのプーさん」は、1926年に発表されたA・Aミルンの児童小説である。挿絵はシェパードで、くまのぬいぐるみの「プーさん」と愉快な森の仲間たちの物語である。 ミルンは幼い子供クリストファー・ロビンが持っていたテディ・ベアから着想を得たという。 プーさんのキャラクターが広く人気を集めていて、1960年代からディズニーによって一連のアニメ作品が作られてヒットした。 その「くまのプーさ...

続きを読む

プロフィール

安田一悟

Author:安田一悟
FC2ブログへようこそ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
114位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
27位
アクセスランキングを見る>>

来場者数