FC2ブログ

記事一覧

「待っていろよ、チャイナ」。トランプ政権による厳しい金融制裁が発動か

  やっぱり中国の全人代での「香港版国家安全法」の採決は、賛成2678票、反対1票、棄権6票の政治ショーだった。 この可決を受けて、5月29日、トランプ大統領は、記者会見で、「香港は、中国の未来のはずだった。世界は、香港を見れば、中国の未来が分かると酔いしれていた。まさか香港が、中国の過去のような姿になるとは思ってもいなかった。香港の一国二制度が一国一制度になってしまった。中共は約束を破った...

続きを読む

「香港国家安全法」成立によって、トランプ政権から報復を受ける香港経済は、どのようなダメージをこうむるのか?

 5月28日、トランプ大統領は、全人代で「香港国家安全法」を強引に採択した中国に対して、一言「チャイナ」と、ビックリマークを付けた意味深なツイートをした。 「それがどんなの内容であるのか?」29日の記者会見で明らかになった。 トランプ大統領は、「香港における一国二制度が崩壊して、もはや自治権を持たなくなってしまった」と判断して、「ビザ(中国留学生)やハイテク技術の輸出や関税などの特別措置を全面...

続きを読む

速報 トランプ大統領、中国が「国家安全法」を成立したことで、香港に対する優遇措置を撤廃することを決定

  5月29日、トランプ大統領は、中国が全人代で香港への「国家安全法」導入をを可決したことで、香港に対する、これまでの優遇措置を見直す手続きに着手することを表明した。 併せて香港の自治を損なうことに関与した中国と香港の当局者に制裁を科すことを明らかにした。 このことはすでにポンぺオ国務長官が、「香港では、中国政府が約束した自治が、もはや維持されていない」と宣言して、「国際金融センターである香港...

続きを読む

コロナ禍でも、あくまで軍事強硬路線を突っ走る習近平が、裏では超ヤバイことになっている

 5月22日から始まった中国全国人民代表大会で、武漢ウイルスによって国内経済がガタガタになったにも関わらず、軍事費が約19兆円にも増額され、香港に対して「国家安全法」という弾圧法が可決されるもようだ。        本来ならば自国の経済崩壊によって、厳しく追い込まれた人民の生活を救済し、経済の立て直しを図らなければならないはずなのに、習近平による世界制覇の野望を優先する政策だ。 しかし、こうした...

続きを読む

世紀の逆転スクープ、「ロシアゲート」疑惑は、じつは「オバマゲート」だった

「ロシアゲート」疑惑は、オバマ政権が、共和党のトランプ候補を陥れて、民主党のヒラリー候補を当選させるためにデッチ上げられたものであるという証拠が、アメリカの公文書で明らかにされた。 すなわち「ロシアゲート」ということで、「トランプ候補が、大統領に当選するために、ロシア政府と手を組んでいたという疑惑は、実は全部噓っぱちであった」ということだ。 逆にヒラリー候補を当選させるために、「オバマ大統領が...

続きを読む

プロフィール

安田一悟

Author:安田一悟
FC2ブログへようこそ!

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
326位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
その他
92位
アクセスランキングを見る>>

来場者数